無料カウンター

ヴィニシウス Diario da Fabiana*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日ミヤショさんから上映の情報を得て、今日は急遽世界中で一番有名なブラジルの歌「イパネマの娘」の詞を書いたヴィニシウスの映画を見ました。

めっちゃすごい数の詩を残した彼はめっちゃたくさん恋をしておりました。でも生み出すってそういうことだよね。常に新鮮でなくちゃ、感動がなくちゃ何も生まれないよね。

こういうの見ちゃうと曲を覚えたくなります。
そして自分はまだまだ適当にしか歌ってないことを痛感いたします。

ボサノバって美しいな~
と思ったくらいに映画の記憶が曖昧になってます。

眠かった。。。

Comment


>ミヤショさん
美しいから心地よくて寝てしまうのでしょうか。。。
それでも、あの映画は素晴らしいと思いました。

>僕ももっと言葉とメロディーを大事に演奏しないとなー。
>と、思いました。

それ、めっちゃ大事なことですよね!
理解したい気持ちでいっぱいになるのですが
どうしたら理解できるかがわかりません。
とりあえず、話せるようになりたいです。。。

ボサノヴァって美しいな~
と感じられたらそれだけで僕は嬉しいです。
「本当に凄い曲だな~。」と思う曲も多いです。

僕ももっと言葉とメロディーを大事に演奏しないとなー。
と、思いました。

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。