無料カウンター

海を越える日 Diario da Fabiana*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
200707232008254
200707232008252
20070723200825
20070723200824
7月22日(日)
笠間へ行きました。
絹谷さんのお手伝いしに。

絹谷幸太氏は来年の日伯交流100周年に向けて
日本の石とブラジルの石を使ってモニュメントを制作中です。
モニュメントのプロジェクトについてのホームページはこちら↓
http://brazil-monument.sakura.ne.jp/

ワタクシは石磨きのお手伝い。
普段、石を扱うことなんてないので(当たり前だけど)
なかなかみんなのように磨けません、が、
貴重な体験をさせてもらえました。
日本代表の稲田石が地球の反対側のブラジルへ行くために
いろんな人の気持ちが同じ目標に向かってる強さを
直接感じられて良かったです。
モニュメントは壮大で温かい形をしてました。
来年、この石達(日本の石は計6つ)が
サンパウロに設置される日が来るのかと思うと
不思議な感じです。

私は直接お手伝いできることが少なくてもどかしいのだけど、
少しでもブラジルを好きだという人に
このプロジェクトを知ってもらいたい気持ちです。

『政治や経済は時間とともに忘れられるけれど文化や芸術は生き続ける』

という絹谷氏の言葉が形になって海を越える日を
私も待ち望むばかりです。

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。