無料カウンター

2006年09月 Diario da Fabiana*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日梅舎に夜にちょこっと立ち寄りました。
アルバイトさんが店主のヨーダさんに激似!
おわお。めっちゃびっくり。
ほんと、ここの雰囲気好き。
今日はジョニミッチェルが流れてました。

明後日にこの梅舎茶館でライブするです。
ホント、たくさんの人に来てほしい!
いや、たくさんは入らないかもだけど。。。
長澤さんのギターもきっといい感じに合うに違いない。
うむ。
もう今は流れに任せるだけです。
ふむむ。
スポンサーサイト
今日はじじぃのジレトール最後の日でした。
じじぃは泣くかと思ったら泣きませんでした。
11年間、アレグリアというエスコーラで
ジレトールという大役を果たし、
今ごろ家で一人泣いていることでしょう。(多分)

もうジレ山本でなくなるんだね。
じゃあ元ジレ山本だ。
略して元山本。
今は田中。
みたいな。

エスコーラの人の中では泣いてる人もいました。
私は泣きませんでした。
ただ、
「お疲れ様」
と思いました。
はい。

私はその後ちょびっと孤独練。
それからのんちゃんと荻窪へ羊毛とおはなライブを聴きに。
やっぱ素敵。
声も性格も。
めろめろっす。
いつか花羊ソングを歌いたいぞう!
いい曲は歌い継いでいかなくちゃっ。
残っていく歌とはそういうものなのだ。
誰かが歌わなくちゃ残らないのだ!
うきゃー!!!
対バンのLulliさんも素敵でした。
なんとブラジル系でした。
伴奏はNOANOAのBENさんでした。
昔NOANOAの曲歌ったぞ歌ったぞ。
懐かしいぞうー。

なんだかもりもりなライブでした。
最後にワンノートサンバを二人で歌ってて
もう1曲花羊ソングを二人で歌ってて
それもなんだかよかつたです!
早く次のライブが楽しみです!

帰りにのんちゃんと一緒にラーメン食べて
いろいろアドバイスもらいました。
腹いっぱい。
げふ。
じじぃとデュオでした。

一昨日のリハではどうなることかと思いましたが、
なんでしょうかね、
本番の雰囲気っていつもパワーもらえます。
すっごく楽しく演奏できました。
いつもはげんちゃんに任せているパーカッションを
今回は私が~、やらなくちゃ~、
叩きながら~、歌わなくちゃ~、
みたいな。
や、叩きながら歌えるようになりたかったから
自分で希望したんですけどね。

この2週間くらい、ずっと叩きながら歌う練習ばかりしてました。
次のライブでも叩くので、まだ気が抜けないけど、
やっぱちゃんと習いたいなぁ。



次は長澤さんとライブです!!!
をほほ。めっちゃ楽しみ!!
じじぃとデュオは初の試み。
昨日はリハしましたが、どーにも大変。
明日までに抜群に上手くなったりしないかなー。
もう、そんな感じ。

今日は髪切りました。
今度はちゃんと美容師さんに。

うふふふふー。

こんなに短くしたのは9年ぶりくらいです。
浪人とき以来。
ショートにするのは勇気が要りました。
でも、感じよく切ってもらえて頭も心も軽い♪です。

さ、明日は頑張るぞ、っと。
昨日ミヤショさんから上映の情報を得て、今日は急遽世界中で一番有名なブラジルの歌「イパネマの娘」の詞を書いたヴィニシウスの映画を見ました。

めっちゃすごい数の詩を残した彼はめっちゃたくさん恋をしておりました。でも生み出すってそういうことだよね。常に新鮮でなくちゃ、感動がなくちゃ何も生まれないよね。

こういうの見ちゃうと曲を覚えたくなります。
そして自分はまだまだ適当にしか歌ってないことを痛感いたします。

ボサノバって美しいな~
と思ったくらいに映画の記憶が曖昧になってます。

眠かった。。。

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。